私だって辛いがまずかった矢口真里

矢口真里さんが今年から復帰に向けて活動してくるのかなと思っていたら、あまり出てきません。これには「私だって辛かった」という言葉を吐いてしまったことが理由だと言います。謝罪はあっていいけど、これは言ってはいけないというところでしょう。本当のところを言うと、別に罪を犯したわけではないので、この言葉は成立していますけど、好感度が落ちたというところで、テレビに起用したい人が出なくなってしまったということでしょう。

>「『私だって辛い』とか、周りに言わされたとしても、あれはちょっとよくなかったね」と同関係者

ttp://news.livedoor.com/article/detail/9738289/