看護師の職場について

看護師の職場といえば、病院と想像するのが一般の考えでしょう。でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にも多々あります。保健所では、保健師と連携し、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の仕事です。また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。

看護師免許を得るには、何通りかの方法が考えられます。看護師免許を取るためには、国家試験を受ける必要がありますが、いきなりは受験できません。試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護について勉強することが必要だというわけです。日本全国の看護師の年収は平均して437万円くらいです。

看護師転職エージェントならこのサイトをチェック

 

でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円くらいになります。公務員看護師は給料の上昇する率も民間病院より高くて、福利厚生の点でも充実しているのです。準看護師の場合ですと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。